お茶の水女子大学歴史資料館ではたらく学生のブログ

【企画展】学生寮で暮らす第5回:学生寮と自治




1.はじめに

10月31日からはじまったオンライン展示【学生寮で暮らす】ですが、第5回が最終回となります。
今回のテーマは「学生寮と自治」です。

辞書で自治を調べると、「自分のこと、あるいは自分たちのことを自身で処理し治めること。」(『日本国語大辞典』)
と出てきます。昭和20(1945)年から令和4(2022)年まで板橋区大山にあった大山寮と、昭和56(1981)年から現在まで大塚にある小石川寮では、学生の自治によって寮が運営されていました。

今にまで続く学生寮の自治は、いつ始まり、どのような変遷を遂げてきたのでしょうか。
最終回では、寮生活での自治にフォーカスを当てて戦後の新聞資料と共にご紹介します。

はじめに、第1回から第4回までに取り上げた寄宿舎・学生寮とその時代について年表で概観してみましょう。

表1…色付きは前回までに取り上げた寄宿舎・寮に関する事項です。


表1

年表※「お茶大の歩み」(お茶の水女子大学歴史資料ホームページ)、『お茶の水女子大学百年史』より作成。

関東大震災や太平洋戦争など、多くの苦難を乗り越えてきたことが分かりますね。
前回までは戦前・戦中の寄宿舎・学生寮についてご紹介しました。さて、次章では戦後-現在の学生寮について見ていきましょう。


2.自治を求めて

大山寮は昭和20(1945)年に板橋区大山の地に建てられました。
それまで学生が暮らしていた構内の寄宿舎は、同年4月12日の空襲で第二寄宿舎が、5月25日の空襲で第一寄宿舎が焼失してしまいます。当時、寮生は附属高等女学校(今のお茶の水女子大学附属高校)の教室に宿泊したり、地方へ疎開したりしていました。そこで、同年秋に板橋区大山にあった元陸軍造兵廠の建物を利用して、寮生を収容することに決まりました。
これが大山寮の始まりです。

大山寮玄関前
昭和41(1966)年以前の大山寮玄関前の写真。(歴史資料館蔵)

大山寮では家政科の女性教官が寮監に任命され、その下で寮生が規律を維持していたそうです。しかし、次第に寮生と寮監の間で衝突が起こるようになります。
お茶の水女子大学新聞第11号
お茶の水女子大学新聞第11号(お茶の水女子大学蔵)
この新聞は昭和27(1952)年にお茶の水女子大学新聞部によって発行されたものです。

1952年6月10日に、
①破防法反対 ②寮監制廃止 ③学生準則再検討 を決議するストライキが開かれ、約550人の学生が参加しました。

寮監制についての記事を詳しく見てみましょう。
寮監制廃止
「寮監制度廃止へ 盛上る寮生の動き」(『お茶の水女子大学新聞』第11号を拡大)

寮監制廃止はかねてより寮生大会で議論されていたことであり、10日のストライキでは「寮監制反対を全学で支持」と決議されました。

寮生は、寮監が寮生の私生活に干渉していることに不満を抱き、「女高師時代と違って教員養成という特殊任務のなくなった現在の寮監制度の必要は全くなくなった」ことを理由に、寮監制度廃止を寮生大会で決議しました。廃止決議のちに寮では自治委員会の設置が決定します。

これがかつて大山寮にもあった「自治会」の始まりと考えられます。

この出来事からは、寮監制度の在り方に不満を持ち自治を求める寮生の姿が見えてきます。そして、学寮自治を求める姿勢は寮生のみならず、お茶大の学生全体に共有されていました。

戦後、学生運動の高まりの中で学寮自治を求める運動もより活発になっていきます。
本資料から13年後の新聞資料を見てみましょう。
お茶の水女子大学新聞第120号
お茶の水女子大学新聞第120号(お茶の水女子大学蔵)
この新聞は昭和40(1965)年に発行されたものです。

学生大会において、学寮規定の「本則の白紙撤回、細則審議中止」を求めて大学史上初の授業放棄が決議されたことを報じています。

それまで寮の規則は、教授会が決定して文科省に提出していました。この事実について学生は「学生に不誠実な態度」であるとして批判し、細則の審議中止と本則の撤回を要求しました。そして10日間の授業放棄を決行します。その後、学生と学長の話し合いや教授会と文書のやり取りがあり、授業放棄は解かれました。

しかしこの後も学寮自治をめぐって大学との対立は続き、翌年昭和41(1966)年には寮生大会で入寮ボイコットが決議されます。また、新寮の設計図に関する協議も行われたようです。

このように、寮生・学生は学寮自治を求めて、授業放棄や座り込みなどの手段をとってその意思を大学側に示し、協議を続けていました。現在でも全国各地に自治寮は存在していますが、学寮自治は当たり前にあったものではなく、学生自らが考え選び取ったものであることが分かります。

3.大山寮から音羽館へ

本章では、学生によって自治が求められていた「大山寮」の現在の姿をご紹介します。

大山寮正面概観
大山寮正面玄関の写真(歴史資料館蔵)

大山寮の正面玄関です。
A-D棟と中央棟の5棟からなり、合計で399人が居住できる大規模な学生寮です。日々多くの寮生がこの玄関から出入りしていました。

大山寮は昭和20(1945)年に開寮し、増改築を重ねて平成7(1995)年には「国際学生宿舎」と名称が変更されます。名称が変わっても大山寮と呼んでいる人はたくさんいたようです。
大山寮(国際学生宿舎)は「日本人学生と外国人留学生との混在型」の宿舎で、留学生とともに共同生活を送ります。主にお茶大の学部生と留学生が居住していました。

大山寮では、各フロアで共同スペース(洗濯室や補食室)のルールを決めたり、共同備品の購入をしたりしていました。共用スペースの掃除はもちろん寮生が行います。

大山寮補食室
大山寮補食室の写真(歴史資料館蔵)

各フロアにある共用のキッチンです。冷蔵庫や電子レンジがあります。
居室にキッチンがないため、自炊をする寮生は補食室を使います。
中央のテーブルで食事を共にしたり、語り合ったり、寮生の団欒の場でもありました。

大山寮洗濯室
大山寮洗濯室の写真(歴史資料館蔵)

各フロアにあり、共用の洗濯機・乾燥機が置かれています。数が限られているので譲り合って使用します。洗濯室には物干し場も隣接していました。

また、年に2回寮生大会があり、自治会執行部役員の選出や収支の報告が行われました。寮生は自治会の一員でもあるので、参加が必須です。寮生大会は感染症拡大の影響でオンライン開催になった時期もありましたが、確実に毎年行われてきました。前章でもみた寮生大会は、現在に至るまで確かに受け継がれてきています。

大山寮では、学生が主体となって自分たちの生活の場である寮の運営を行ってきました。しかし、運営のすべてが学生によって担われていたわけではなく、大学とも連携して管理がなされてきました。新聞資料で紹介したような自治の形とは異なりますが、時代に応じて学生の関わり方も変化していることが分かりますね。

自治とは、自分たちの事は自分たちで行う、という至ってシンプルなことですが、何百人もの学生が暮らす学生寮では時としてそれが難しいこともあります。その時々の学生たちは、最善を模索して行動してきました。

そして今年、令和4年3月に大山寮が閉寮し、大学構内に音羽館が誕生しました。音羽館にも学生委員会があり、活動を開始しているようです。

これからの新寮に学生たちがどのように関わってゆくのか楽しみですね。


4. おわりに

【学生寮で暮らす】最終回は、歴史資料館MuSAの「うさ子」が担当しました。


私は大山寮に住んでいた時期があるので、懐かしさを感じながら執筆しています。
今年閉寮した大山寮は既に解体工事が始まっていて、私が住んでいた部屋は跡形もなくなっていました……。

さて、本オンライン企画展示【学生寮で暮らす】では、第1回から第5回(最終回)まで、さまざまなテーマのもとで学生寮について紹介してきました。
建物、食事、余暇活動、子どもと暮らす寄宿舎、自治……。
学生の生活の場であった学生寮は、時代や社会の動きに伴って様々な暮らしが営まれていたことが分かります。

今も昔も学生たちは、災害や戦争、感染症の拡大など多くの困難に直面しながらも、その度に力強く乗り越えてきました。そしてその傍らには寄宿舎・学生寮の存在がありました。

本オンライン企画展【学生寮で暮らす】を通して、学生生活とともにあった寄宿舎・学生寮にも関心を持っていただけましたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

歴史資料館では、2023年春に音羽館開寮記念の企画展【写真で見る学生寮】を行います。
鋭意準備中ですので、お楽しみに‼
国際交流留学生プラザ1階でも寄宿舎・学生寮に関する展示を通年で行っています。どなたでも入館いただけますので、訪れる機会がありましたら是非ご覧くださいね。

また、Twitter(@ocha_musa)でも、本オンライン企画展と連動した「#とある一日企画」を実施中です。過去の投稿もこの機会に是非ご覧ください。「#とある一日企画」での感想もお待ちしております‼



*参考文献*
・お茶の水女子大学歴史資料館デジタルアーカイブズ「お茶大の歩み」
https://www.lib.ocha.ac.jp/archives/chrono1874.html?grid=menu 最終閲覧日2022年11月21日
・お茶の水女子大学「学生宿舎」
https://www.ocha.ac.jp/campuslife/lodgings/index.html 最後閲覧日2022年11月21日
・「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会『お茶の水女子大学百年史』(「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会編、1984年)
・「お茶の水女子大学学生運動小史」編集委員会『お茶の水女子大学学生運動小史』(「お茶の水女子大学学生運動小史」編集委員会編、1966年)
・東京女高師 お茶の水女子大学五〇年を語る会『私の女高師・私のお茶大-一九五〇年代学生運動のうねりの中で-』(創英社、2004年)
・『日本国語大辞典』小学館(ジャパンナレッジ)
最後閲覧日2022年11月21日

企画展【学生寮に暮らす】第4回:戦時下の寄宿舎 ―わが子と暮らす

10月31日から開始したオンライン企画展。ついに第4回まで進みました。
今回のテーマは「戦時下の寄宿舎 ―わが子と暮らす」
戦争で夫を亡くしながらも、わが子と共にたくましく生きた女性たちの姿を見ていきます。




1.はじめに ―夫を亡くした女性たちと貞秀寮


 日中戦争が開始されてしばらく経った昭和14(1939)年、戦没者寡婦(戦死した軍人の未亡人)のなかでも教員を志す女性のために、全国に特設教員養成所が設置されることになりました。戦没者寡婦の生活援助、教員不足への対処などが主な目的でした。
 この時、東京高等女子師範学校には、東京特設中等教員養成所が併設されます。第一回生の32人は、同所の「家事裁縫科」(翌年度から「裁縫科」)に入学し、2年後に修了しました。
 教員養成所の設置と共に新しく整備されたのが、子連れの女性に配慮した、母子ともに入寮できる寄宿舎「貞秀寮」でした。東京特設中等教員養成所の生徒が貞秀寮でどのように暮らしていたのか、その生活の様子に迫っていきましょう。

「寮の生活 其の二」
蚊帳の子どもを見守りながら、復習をするために机へ向かう母。画面左上には、戦死した夫をまつる仏棚が見える。日中、母は学校へ行き、子は保育施設へ預けられ、離れ離れで過ごす。夫の霊が見守るなか、母子は夜に何を話すのだろうか。

(前略) 亡き夫の遺影を飾り、それに語りかけ、暗黙の答を受け止め、合掌しては励ましの糧とした。机と本棚のほか飾る花といえば仏花のみ。侘びしい六畳一間きりの室ではあったが足りない自分を叱咤し続け教員の免許状をこの手に握る迄はの意気込みは誰も一様であった。(後略)

――第1回生の手記「貞秀寮の子供達」より一部抜粋 昭和56(1981)年8月 (原文ママ)



2.貞秀寮の構造


 貞秀寮は東京都板橋区板橋(現在の板橋区大山)にありました。恩賜財団軍人援護会東京府支部が既設のアパートを購入し、東京特設中等教員養成所に貸し付けたものでした。
 はじめ第一寮、第二寮の二軒が建てられました。どちらの寮にも個室の他に舎監室、事務室、食堂、応接室、ミシン室、浴室などがありました。

「寮の生活 第一貞秀寮」
第一貞秀寮の玄関口。第一寮は木造二階建て。和風瓦葺の建物。

「寮の生活 第二貞秀寮」
第二貞秀寮の全景。セメントが塗られた洋風の建物。

「寮の生活 其の一」
第一貞秀寮の写真。ミシン室か。


 のちに第三寮、玉成舎も建設されることになります。玉成舎は特設中等教員養成所の生徒が子どもを預ける保育施設であり、また、生徒たちが自習や団らん、訓話を行う集会施設でもありました。

「貞秀寮 玉成舎」

「貞秀寮 訓話」
毎月第1土曜に、全寮の生徒が玉成舎に集って修養会を開いた。舎監の訓話、名士の講演の外、自治的な修養研鑽の座談会も行われたという。



3.写真でめぐる、貞秀寮のくらし


 貞秀寮、玉成舎での日々のくらしについては、お茶の水女子大学に所蔵されている写真や、生徒たちの手記に、生き生きとあらわれています。

 貞秀寮では、戦没した夫の慰霊を欠かしませんでした。本大学所蔵の写真集には、夫の命日に際して朝の礼拝や食前の黙とう、靖国神社への参拝などを行う生徒の姿がみられます。

「寮の生活 第一貞秀寮命日表」

「寮の生活 命日の黙祷(朝のお食事前に)」
食堂近くには亡き夫たちの命日が掲示されていた。誰かの命日になれば、全員で朝食前に黙とうし、冥福を祈った。


  朝食を終えると、生徒たちは子供を寮に置いて、学校へ向かいました。子どもたちは母の留守中、附属の保育施設である玉成舎で過ごしました。保母として子どもたちの保育にあたったのは、東京女子高等師範学校保育実習科の卒業生たちでした。
 日中、子どもたちは貞秀寮か玉成舎で遊んだり、勉学に励んだりしました。子どもが病めば母の欠席に繋がったので、戦時中のわびしい食生活のなかでも、保母や舎監は食事や栄養、清潔さには特別気を使ったといいます。

「寮の生活 学校へ(いってらっしゃい)」
貞秀寮に預けられた子どもたちが、東京特設中等教員養成所に登校する母を見送っている。

「貞秀寮 遊戯」

「貞秀寮 復習」


 休日や勉強の合間には、子どもを交えた団らんの風景がありました。20代~30代と幅広い年代の生徒たちが一同に会していましたが、同じ境遇の者どうしで話がはずみ、日々の励みになったといいます。

「寮の生活 (其の一)日曜日の午後」

「貞秀寮 団欒」
「貞秀寮 団欒」 昭和17(1942)年6月



4.おわりに


 東京特設中等教員養成所は、7回生が昭和22(1947)年に修了したのち、その歴史に幕を閉じました。昭和20(1945)年、戦局の悪化に伴い、東京特設中等教員養成所の生徒たちは、東京の貞秀寮を離れて各地へ疎開するようになります。戦後、貞秀寮は母子寮として存続し、一般の母子生活支援施設となりました。現在は山中母子寮(現、サンライズ山中)のみが残っています。

 夫を戦争で亡くした母子を受け入れる寮、貞秀寮。そこでは、戦時下の特異な状況の中で、多くの人々が寄り添い合い、励まし合い、助け合って暮らす風景をみることができます。




 オンライン企画展「戦時下の寄宿舎 ―わが子と暮らす」、いかがでしたか?第4回はMuSAの「かめい」が担当しました。
 第5回は「うさ子」が「学生寮と自治」というテーマで、お茶の水女子大学寄宿舎の自治活動についてご紹介します。
 お楽しみに!




*参考文献*
・お茶の水女子大学デジタルアーカイブズhttps://www.lib.ocha.ac.jp/archives/guide_shiryoukan.html (最終閲覧:2022/11/18)
・「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会編『お茶の水女子大学 百年史』(「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会、1984年)
・奥田環「東京特設中等教員養成所と貞秀寮―戦時下の母子支援―」(お茶の水女子大学『お茶の水女子大学人文科学研究』第3巻、2007年3月)
・逸見勝亮「戦歿者寡婦特設教員養成所の設立」(北海道大学教育学部『北海道大学教育学部紀要』第80号、2000年3 月)
・第1回生手記「貞秀寮の子供達」(1981年8月、お茶の水女子大学大学歴史資料館所蔵)

企画展【学生寮で暮らす】第3回:寄宿舎の余暇と休日

第3回 寄宿舎の余暇と休日



11月4日から始まった企画展【学生寮で暮らす】、本日で3回目です。

今回取り上げるのは、「寄宿舎の余暇と休日」 
寄宿舎で暮らす彼女たちの余暇と休日についてです。

みなさまは休日、どのように過ごされているでしょうか。 
ここ数年、おうちで過ごす時間も増えたのではないかと思います。

寄宿舎で暮らすということは、授業のない時間や休日もその生活基盤が寄宿舎内にあるということを示しています。寄宿舎でのさまざまな活動のなかでも、余暇活動は大切にされていました。当時の寄宿舎では、寄宿生たちの役割分担の中で図書の購入を担う“図書部委員”がいたと同時に、寄宿生の娯楽の世話をする娯楽部委員がいたほどです。

それでは今から90年前の寄宿生たちは何を楽しみとして、いかに休日を過ごしていたのでしょうか。
今回は昭和5年(1930)の寄宿舎の様子を例に、寄宿舎での余暇活動や休日の過ごし方についてご紹介いたします。


1. 寄宿舎の余暇と土曜日

昭和5年(1930)の寄宿舎の余暇と休日を見てまいりましょう。
寄宿舎では土曜日から、平日とは過ごし方が異なります。その幕開けは朝のお掃除です。お掃除は起床後に毎日行われていますが、土曜日には通常よりも多くの時間をかけて丹念にガラスや机などを磨いていました。また、午後には浴室での洗髪、洗濯場が賑わいます。このように、土曜日は平日と過ごし方が異なるだけではなく、おやつや夕食が平日よりも豪華だったため、寄宿生にとっても土曜日はお楽しみの日でした。

次に、土曜日の夕食後の過ごし方について見てまいりましょう。
日常的な夕食後のレクリエーションは、ピンポン(卓球)、ラヂオ、レコードコンサートなどがありました。そこに土曜日の夜にはトランプ、お琴が加わりました。そのほかにも友人たちと団欒を楽しんだり、手紙を書く人もおり、それぞれ様々に土曜日の夜を過ごしていました。

ここで次の写真をご覧ください。和装と洋装の4人の寄宿生たちが机を囲んでいます。
これは何をしていると思いますか? 



闘球盤_a_ph_017-0031.jpg

正解は「闘球盤」です。

これは、明治時代に日本に伝わったとみられるボードゲームの一種で、当時の土曜日の夜のレクリエーションのひとつでした。盤の周囲から中心の穴に目掛けて、丸く平たい木製の球を指ではじいて入れるゲームで、盤上にある相手の球をはじき出して競います。

明治36年(1903)に出版された闘球盤に関する本『クロック術』によると、通常はふたりでゲームが行われ、4人で楽しむ場合は盤の向かい側に座る人と2人一組のチームを組んで、両隣に座る人たちのチームと対戦する形で行われていたようです。

また、通常は午後6時とされていた門限も、土曜日は有益な講演や有名な音楽会などがある場合は特別に9時まで延長されます。そして、土曜日の夜はあらかじめ認められた所へ外泊することもできました。


2. 寄宿舎の余暇と日曜日 

そして翌日、日曜日です。
日曜日、寄宿生たちは思い思いに活動的に過ごしていました。早朝からの明治神宮参拝や、校庭を写生、お弁当を持って終日お出掛け(春は汐干狩・摘み草・秋は芋掘り・野遊びなど)に行くこともありました。また、親戚・知人・友人に会えるのも日曜日が多く、貴重な1日でした。


写生_a_ph_017-0051.jpg
寄宿舎写真帖「校庭の写生」昭和5年(1930)3月

さらに、日曜日の過ごし方は外出のみならず、いいお天気の日は今も昔も洗濯日和、着物の洗い張りなどで洗濯場が賑わいました。

 板張_a_ph_017-0039.jpg

以上、土曜日と日曜日の過ごし方を中心に「寄宿舎の余暇と休日」についてご紹介しました。学生寮や寄宿舎というと、勉学との関わりについて注目されることも多いかと思います。しかしそのなかでも、寄宿舎での授業外のお楽しみや休日の過ごし方について、そして当時の寄宿生にも週末の余暇を楽しむという営みがあったということを少しでもお伝えできていれば幸いです。

企画展【学生寮で暮らす】第3回は、歴史資料館MuSAの「まり」が担当しました。
次回は「戦時下の寄宿舎」をテーマに、「かめい」がお届けします。
また現在、【学生寮で暮らす】のTwitter連動企画#とある1日企画も開催中です。
こちらもぜひご覧ください。

参考文献
・「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会編『お茶の水女子大学百年史』(「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会、1984年)
・花王居主人『クロック術』(高美実五郎、1903年)(国立国会図書館デジタルコレクションhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/859921最終閲覧日2022/11/17)
・三橋正幸「盤上遊戯「クロキノール(闘球盤)の伝来と普及の一端」日本レジャー・レクリエーション学会『レジャー・レクリエーション研究』77号、2015年、58-61頁
・日本国語大辞典(Japan Knowledge https://japanknowledge.com/lib/display/?lid=200202f633e2MPoWdFbG最終閲覧日2022/11/04) 

企画展【学生寮で暮らす】第2回:学生寮での食事

第2回 学生寮での食事


オンライン企画展【学生寮で暮らす】の第2回では、「学生寮での食事」をテーマに、学生寮の生活を紐解いていきます。


現在のお茶の水女子大学の敷地内には、かつて「第一寄宿舎」という寄宿舎が建設されていたことをご存知ですか。

今は文京区の大塚に建っているお茶の水女子大学ですが、昔は「東京女子高等師範学校」と呼ばれる寄宿舎を備えた学校で、御茶ノ水の地に建っていました。
しかし、大正12年(1923)に起きた関東大震災により、御茶ノ水の東京女子高等師範学校の校舎と寄宿舎は焼失。移転を余儀なくされ、昭和3年(1928)に新校地として交付されたのが文京区大塚でした。

昭和4年(1929)には、構内に第一寄宿舎が、昭和11年(1936)には同じく第二寄宿舎が完成し、学生たちは構内の寄宿舎で暮らしながら、学校に通えるようになりました。


では、この第一寄宿舎で昭和5年から昭和11年ごろに撮影された炊事場や食堂の写真資料を見ていきましょう。


1、炊事場
こちらは、炊事場での調理の様子を写した写真資料です。
第一寄宿舎では、調理担当の学生が寮生全員分の食事を調理していました。寮生の数はおよそ300人。凄まじい人数ですね。調理担当の学生たちは炊事部委員と呼ばれ、4年生12人で構成された彼女たちは、献立の作成・仕入れを行い、5人の雇人を指揮監督して調理まで一手に担っていました。
炊事場1_a_ph_017-0027
寄宿舎写真帖「夕食の調理」(昭和5年(1930)3月)


炊事部委員が写っていない写真では、流し台、調理台、積み重なったお櫃など、調理中の写真資料ではわからなかった調理器具や設備も見えます。
炊事場2_a_ph_017-0026
寄宿舎写真帖「炊事場」(昭和5年3月)


中でも注目したいのが、写真奥に写っている大きなお釜です。
炊事場3_a_ph_413-0072
落成記念写真帖「炊事場」(昭和11年11月)


この炊事場では300人分の食事を準備していたという言葉の通り、大人数の食事を一度に調理できるような大きな調理器具が使われていたのでしょう。
この写真資料のみでもその大きさが窺えますが、改めて1枚目の写真資料をみて人の大きさと比較してみると、やはり尋常ではない大きさであることがわかります。まるで、現代の給食センターのお鍋のような規模です。


2、食堂
炊事場で調理された食事は食堂に運ばれ、食事の時間が始まります。
夕食は5時30分でした。ひとつのテーブル囲むのは、同室の8人とされています。
食堂1_a_ph_413-0066
落成記念写真帖「食堂」(昭和11年11月)


お茶の水女子大学歴史資料館のデジタルアーカイブズに所蔵の資料をみる限り、テーブルに乗っている品目は米と汁物とおかずが2品程度であるようです。

時代は少し下りますが、昭和17年(1942)ごろの奈良女子高等師範学校の寄宿舎では白菜や大根、里芋、ほうれん草…といった野菜を寄宿舎での食事で取り入れていたようです。
特に地域の特産品等ではないので、似たような食材を取り入れていたと推測すると、メニューもなんとなく想像することができます。

この食堂は、朝食・夕食といった食事の時だけではなく、朝礼や祝日の夜会などでも使用されていました。
食堂2_a_ph_017-0015
寄宿舎写真帖「食堂」(昭和5年3月)


残念ながら、第一寄宿舎の食事の内容について詳細な記録は明らかにできませんでしたが、昭和初期は東京女子高等師範学校以外にも寄宿舎を備えた学校が多く存在していました。いずれの学校においても、たくさんいる寮生の食事を賄うべく献立が考案されていたようです。



第2回はMuSAの「なめこ」が担当しました。
第3回は「まり」が「寄宿舎の余暇と休日」をテーマに、寄宿舎での生活をさらに紐解いていきますので、どうぞお楽しみに。

オンライン企画展【学生寮で暮らす】では、Twitter連動企画「#とある1日企画」を実施しています。
ぜひ覗いてみてください。@ocha_musa

参考文献
• お茶の水女子大学歴史資料館デジタルアーカイブズ「お茶大の歩み」
https://www.lib.ocha.ac.jp/archives/chrono1923.html  最終閲覧日11月8日
• 新校舎に学ぶ「寄宿舎 食堂」(昭和11年10月)
https://www.lib.ocha.ac.jp/archives/exhibition/a_ph105-125/a_ph_125-0063.html
• 安原美帆「昭和戦前期における食事の内容にみとめられた外来野菜普及の背景」『会誌食文化研究』、1(2005)、39-43頁

企画展【学生寮で暮らす】第1回:プロローグ/学生寮の建物と部屋


プロローグ


 令和4年(2022)4月、お茶の水女子大学のキャンパス内に新しい学生宿舎「音羽館」が誕生しました。これを記念し、本学とその前身の教育機関における学生寮・寄宿舎を振り返るオンライン企画展、【学生寮で暮らす】を開催します。

 本学は明治8年(1875)に東京女子師範学校として開校したのち、時代の変遷とともに名称や形態を変えてきました。そのなかで、いつも学生たちの学習や研究、課外活動を支えてきたのは、学内やその近辺に設置された学生寮・寄宿舎です(表1)。
本展では、当時の学生寮や寄宿舎とそこでの生活に焦点を当て、約一ヶ月の間、以下の五つのテーマに沿ってご紹介します。


第1回 学生寮の建物と部屋
第2回 学生寮での食事
第3回 寄宿舎の余暇と休日
第4回 戦時下の寄宿舎 —わが子と暮らす
第5回 学生寮と自治
※テーマはやむを得ず変更する場合があります。ご了承ください。


 なお、令和5年(2023)春からは、歴史資料館にて企画展示「写真で見る学生寮(仮)」が開催される予定です。この機会にどうぞご来館ください。


表1…色付きは寄宿舎・寮に関する事項です。
オンライン企画展第1回_表1
※「お茶大の歩み」(お茶の水女子大学歴史資料館ホームページ)、『お茶の水女子大学百年史』、『学園だより』第三号より作成。
※新制大学発足よりあとを含む年表は、第5回にて掲載予定です。



第1回 学生寮の建物と部屋


 第1回では、表1の太字部分にあたる第一寄宿舎を取り上げます。
関東大震災で被害を受け、現在地である大塚に移転した東京女子高等師範学校では、昭和4年(1929)に第一寄宿舎が、7年後の昭和11年(1936)に第二寄宿舎が完成します。いずれも昭和20年(1945)の空襲で焼失してしまいますが、歴史資料館ではまとまった写真資料を保存しています。
 また、「東京女子高等師範學校寄宿舎並建物配置豫定圖」(昭和4年)には、寄宿舎の間取りが細かく記録されています。今回はこの地図と写真資料をたよりに、約90年前の寄宿舎の玄関から足を踏み入れてみましょう。


オンライン企画展第1回_予定図
①「東京女子高等師範學校寄宿舎並建物配置豫定圖」(昭和4年)より、第一寄宿舎の拡大図
第一寄宿舎は、周囲を土塁に囲まれています。今回は、右上(北東)辺りにある玄関から、左上(北西)に向かって寄宿舎をご案内します。
①の範囲は、現在音羽館やStudent Commons、文教育学部2号館などがある、キャンパスの西部に相当します。
現在のキャンパスマップと比較すると、地形や敷地の形状に共通点が見られます。
自…自修室(自習室)   シ…寝室   キ…勤務者室   サ…裁縫室   リ…理装室   ワ…渡り廊下   ※上側が北。



1.玄関
玄関1
「玄関」(昭和5年(1930)3月)
7時30分の登校に合わせて、生徒はここから授業に向かいました。
高台であったため、第一寄宿舎のテラスからは護国寺の屋根が見えました。
現在の音羽館(地上7階建)からは、池袋の高層ビルが望めます。


玄関2
「登校(一)生徒昇降口」(昭和5年3月)
第一寄宿舎から学校に向かう生徒が写されています。全員が袴姿です。
校舎は昭和7年に大塚に移転したため、昭和5年時点では大塚から御茶ノ水の仮校舎まで通学していました。


玄関3
「寄宿舎 登校」(昭和11年(1936)3月)
②、③の玄関から授業に向かっています。
③から6年後の写真ですが、全員が洋装で写っています。


2.寝室・理装室・自習室
寝室は1室4名、理装室と自習室はそれらを挟む2室、つまり8名で共同利用していました。

寝室
「寝室」(昭和5年3月)
寝室は、謡いやお花、お茶などのお稽古にも利用されました。


洗面所(理装室)
「洗面所」(昭和5年3月)
洗面所は理装室とも呼ばれました。
中の様子が見えにくいですが、例えば東京女子高等師範学校教諭兼訓導が著した『校具及教具の研究』では、鏡や用具を入れる引き出しが付いた鏡台や、水道設備のある洗面台の図を用いて理装室を説明しています。


自習室
「自習室の勉強」(昭和5年3月)
椅子、机、棚が設置された自習室。毎晩午後7時から9時までは「黙学」の時間とされていました。2時間にわたる「黙学」は、明治末期にはすでにみられます(『お茶の水女子大学百年史』254頁)。


3.洗濯室
第一寄宿舎では、玄関から寝室や自習室の横の廊下を直進すると、洗濯室に行きあたります。
途中、右手に食堂と炊事場がありますが、食事については第2回「学生寮での食事」でご紹介します。

洗濯室
「衣類の洗濯整理(一) 洗濯」(昭和5年3月)
ここでは、割烹着を身につけた生徒たちが洗濯をしています。洗濯室には複数の水栓が並び、たらいを使って洗っていました。


4.浴室
浴室
「浴室」(昭和5年3月)
大きな浴槽が印象的な浴室。右手奥の部屋は、脱衣室と思われます。




 以上、四つの空間を中心に大塚移転後の寄宿舎についてご紹介しました。
寄宿舎では全ての設備を生徒が共有し、協力し合って生活する様子が見て取れます。デジタルアーカイブズで生徒が写る写真資料には、寮友たちと一緒にいるものが非常に多いです。

 一方新たに開寮した音羽館は、寝室はもちろん、シャワールームや洗面台も個人の部屋にまとまっていて、例え一日中部屋から出なくても生活できそうなつくりになっています。
しかしながら、談話室やキッチンスタジオなどが用意されており、学生の交流を生み出す空間も整っています。

 約90年の間に大きく変わった点も多いですが、学生寮は現在に至るまで、そこで暮らす生徒・学生にとって必要不可欠な施設であり続けました。本展が、現在の学生寮から約90年前の寄宿舎に思いを馳せるきっかけとなりましたら幸いです。


 企画展【学生寮で暮らす】第1回は、歴史資料館MuSAの「びわ」が担当しました。
今回ご紹介した学生寮・寄宿舎を舞台として、実際の舎生たちはどのような生活を送っていたのでしょうか。
次回は「学生寮での食事」をテーマに、MuSAの「なめこ」が更新します。

 現在、【学生寮で暮らす】のTwitter連動企画「#とある1日企画」を開催中です。
こちら@ocha_musaもぜひご覧ください。




参考文献
・「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会編『お茶の水女子大学百年史』(「お茶の水女子大学百年史」刊行委員会、1984年)
・お茶の水女子大学歴史資料館ホームページ https://www.lib.ocha.ac.jp/archives/ 最終閲覧日:2022年11月1日
・お茶の水女子大学歴史資料館デジタルアーカイブズ https://www.lib.ocha.ac.jp/archives/shiryo_top.html 最終閲覧日:2022年11月1日
・『学園だより』第三号(お茶の水女子大学、1967年6月20日発行)
・「寄宿舎写真帖」(1930年3月)
・『東京女子高等師範學校第六臨時教員養成所一覽 自昭和4年至昭和5年』(東京女子高等師範学校、1929年。資料①を収録)
・戸倉廣雅(東京女子高等師範學校教諭兼訓導)『校具及教具の研究』(昭文堂、1910年)
国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/809745 最終閲覧日:2022年11月1日

プロフィール

ochamusa

Author:ochamusa
お茶の水女子大学歴史資料館MuSAです!画像の二次利用はお控えください。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします