お茶の水女子大学歴史資料館ではたらく学生のブログ

歴史資料館の役割 【学内実習の受け入れ】

みなさんこんにちは‼MuSAの「うさ子」です。

 学部4年生で、大学では日本史を研究しています。
MuSAの活動は今年で2年目です。

 今回は歴史資料館の役割の一つである、学内実習の受け入れについてご紹介します。

 博物館実習は、学内実習と博物館や美術館で行う館園実習、見学実習の三つから構成されています。
 学芸員資格の取得を目指す学生は、これらの実習に参加します。
(私も先日館園実習に参加しました‼)

 お茶大では、学内実習の一部を歴史資料館で実施しています。
そして、毎年MuSAが学内実習の補助を行っています。
私も今年は補助に入る予定だったのですが、感染拡大のためMuSAの補助業務は中止になってしまい……。

 なので、今回は私が経験した学内実習についてお話したいと思います!
あくまでもお茶大の例であるということをご了承くださいm(__)m

 歴史資料館では、展示・資料調査の実習を行っています。
 学内実習で経験した作業はいくつかあるのですが、ここでは カード取りとパネル設営についてご紹介します。


(1)カード取り
 カード取りとは、資料の情報をカードに書き込む作業のことです。

▼歴史資料館で使用している資料カード
資料カード
このような資料カードに、大きさや年代、差出人、宛先などなどできるだけたくさんの情報を正確に記録します。
資料の情報のほかに、資料をどのようなまとまりとして扱うかもポイントとなります。
例えば、一緒に受け入れられた他の資料をみることで資料群としての性質が分かる場合もあります。

館園実習でもカード取りの作業を行い、学内実習での経験を生かすことができました(*^^*)


(2)パネル設営
パネル設営はピクチャーレールというレールを使って、天井から吊り下げるかたちでパネルを設置する作業です。

▼脚立を用いたパネル設営のようす
学内実習_パネル設営


このように、ピクチャーレールは天井に設置されているので梯子を使ってパネルを吊り下げます‼
吊り下げたパネルの高低差や見やすい位置などを考えながら設置します。

学内実習や館園実習を通して学芸員の方のお仕事の多様さや、展示が行われるまでの多くのプロセスがあることを実感しました。
(来年こそは学内実習補助ができますように……!)

みなさんも博物館や美術館を訪れる際は、その裏側にあるお仕事にもぜひ思いを馳せてみてくださいね‼


---------------------------------------------------------------------------------------------

当ブログではオンラインの企画を予定しています!今後の活動もお見逃しなく!
Twitter@ocha_musaのチェックもよろしくお願いします(^-^)

使ったことある?デジタルアーカイブズ

こんにちは!お茶の水女子大学歴史資料館でMuSA(ムサ、Museum Student Assistant)のお仕事をしています、博士前期課程1年「かめい」です。普段は日本中世史の研究をしております。

今回は、当館が運営しているお茶の水女子大学デジタルアーカイブズについてご紹介します!
アクセスはこちら
デジタルアーカイブズ タイトル


お茶の水女子大学デジタルアーカイブズとは、歴史資料館に所蔵されている貴重な歴史資料をデジタルデータ化し、一般に公開しているものです。
デジタルアーカイブズは大きく3つのパートに分かれています。

① 女性研究者名鑑
本学を卒業した4人の女性研究者(保井コノ氏・黒田チカ氏・湯浅年子氏・辻村みちよ氏)について、その足跡を記録したものです。各研究者の詳しい経歴や業績について知ることが出来ます。

② お茶大のあゆみ
 本学の沿革を、年表形式で詳しく公開しております。明治7(1874)年、官立の女子師範学校創設の布達が出され、明治8(1875)年には本学の前身である東京女子師範学校が開校されますが、開校以来の歴史を、本学卒業生の卒業写真と併せて閲覧することができます。

③ 大学の資料
 本学所蔵資料の画像データ・解説を、自由に閲覧できます。学校生活・行事の写真資料、美術・工芸品、教育関係資料など、種類は様々です。
例えばこちら! (資料タイトルをクリックするとデジタルアーカイブズにジャンプします)

『第七恩物 置板法』(明治~大正期)
本学附属幼稚園(日本初の幼稚園)で使用されていた教育玩具です。
第七恩物
( 大学の資料>教育資料>附属幼稚園旧蔵教育資料 )

学校生活 裁縫実習(洋裁)
( 大学の資料>写真資料(行事資料)>奮起の学校生活 )

『明治三十五年頃の通学服』(昭和9(1934)年頃)
明治の女学生といえばコレ!他の時代はどうでしょうか?
明治三十五年頃の通学服
( 大学の資料>美術工芸>東京女子高等師範学校附属高等女学校生徒服装の変遷 )



  さて、お茶の水女子大学に限らず、大学・博物館などの研究機関では、こういったデジタルアーカイブズを公開しているところが少なくありません。公開の主な目的は、所蔵資料を研究機関だけでひとりじめせず、一般の方々の閲覧に供し、調査・研究に役立てて頂くことです。もちろん、本学のデジタルアーカイブズもそのように生かして頂ければ幸いです。

   ですが、特にこういった歴史系のデータベースは、ふらっとアクセスして読み物として楽しむのもおすすめです。

  女性研究者名鑑(①)を読んでみると、学会で男女差別が激しかった時代、着実に実績を積み重ねて道を切り開いていった先輩たちの姿に勇気づけられます。
  お茶大のあゆみ(②)をざっと見てみると、長いこと日本の女子教育をけん引してきた学校ですので、教科書で見たような人物や事件によく関わっていることに気がつきます。
  大学の資料(③)は、写真資料に解説がついているのが良いところ。自宅にいながら、博物館に行った気分になれます。

 ぜひ、皆さんなりの楽しみ方を見つけてみてくださいね!



なお、お茶の水女子大学デジタルアーカイブズに掲載されている所蔵資料につきましては、無断転載・無断利用を禁止しております。
資料の利用申請につきましては、こちらをご覧ください。



歴史資料館って、どこにあるの?

こんにちは!
お茶の水女子大学歴史資料館でMuSA(ムサ、Museum Student Assistant)のお仕事をしています、博士前期課程2年の「びわ」です。
普段は日本史を研究しています。MuSAの活動は4年目です!

みなさまは、歴史資料館にいらしたことはあるでしょうか?
当館は通常、ホームカミングデイやオープンキャンパス、徽音祭(学園祭)、卒業式などのイベント時に加え、事前に申請いただいた場合に開館しております。
※現在は新型コロナウイルス感染防止の観点から一部閉館中です。詳しくはこちらをご覧ください。

常時開館ではないことに加え、普段は学内やリモートでひっそりと活動しているので、MuSAはキャンパスでかなりレアキャラだと思います(;▽;)
ということでこのブログでは、MuSAの日常業務も積極的に発信していきます!


さて、実は歴史資料館は、「大学本館」と「国際交流留学生プラザ」の二つに分かれて展示を行っています。
大学本館は国の登録有形文化財(建造物)でもある歴史的な建物で、お茶大の象徴的な存在です…が、研究室や資料室、講義室もある、現役まっただ中の建物です!

▼大学本館の展示室
お茶大歴史資料館_大学本館

一方の国際交流留学生プラザは2019年竣工の新しい施設で、開放的な雰囲気に包まれています!
歴史資料館はエントランスの目の前にあり、国際交流留学生プラザの開館時間に準じて開館中です(2022年5月現在)。

▼国際交流留学生プラザの展示室
お茶大歴史資料館_国際交流留学生プラザ


でも、最近はおでかけの機会も減りましたよね…ということでMuSAは2022年から、オンラインでもお茶大の歴史とMuSAの活動を発信していくことにしました。
今後、MuSAセレクトの資料を用いたオンライン企画展の開催も予定しています。

このブログと合わせて、Twitterも更新中です。
ゴールデンウィークも終わり日常が戻ってきましたが、おうちでゆったりする時間のお供にぜひチェックしてください(*^ ^*)
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

プロフィール

ochamusa

Author:ochamusa
お茶の水女子大学歴史資料館MuSAです!画像の二次利用はお控えください。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします